長友佑都のアモーレ!平愛梨との真剣交際で結婚へ!

フライデーのいいかげんな長友と平愛梨との交際報道を受けて、それを訂正する形で交際を報告した長友選手。

対応がかっこいいですね。

長友

そもそもフライデーが独占スクープ!として平愛梨と長友佑都が極秘交際2年半でデキちゃった婚へ!みたいな事を言った訳ですけど、確かに交際は合ってますが、交際期間も違えば妊娠もしていないわけです。

そりゃあ訂正したくなりますよね^^

平愛梨さんと言えば何人かの男性の方と噂にはなっていましたが、その中の一人に三瓶さんもいました。

親友だって言ってましたが、本当だったんですね^^

平愛梨

今回結局三瓶さんの紹介で3人で食事に行ったところからはじまったんですもんね。

週に3回は会ってるって当時言っていましたから相当波長が合うんでしょう。

友達として・・・。

三瓶さんはどう思ってるのかな??

本当は自分が・・・・そんな気持ちは無かったのかな??

まぁ、あったとしても今更そんな事は言えないですけどね^^

で、お似合いの爽やかカップルのこの二人。

長友選手がキリンカップを終えるとオフに入るのでその後で結婚の話を進めるかもですね。

もしかしたらそのまますぐ結婚・・という事もありえます^^

果たして・・・・

CL決勝レアルDFペペの大根役者級シミュレーションが笑える

CL決勝は観ましたか?
いやぁ~、ペペのシミュレーションは正直笑えます^^

動画はコチラ

サッカーは紳士のスポーツ。

よく聞く言葉ですが主審を欺いて自分に有利な状況を作る・・・・
こういうプレイは本当多いですよね。

まぁ、他のそうそうたる面々のシミュレーション集も笑えますけどね^^

後でスローで観られた時の恥ずかしさを考えてほしいですね。

恥ずかしいシミュレーションばかりです><

もし自分の子供がいたとして、その子が小学生ぐらいになったとしたら・・・・

いじめられてもおかしくないですよね。

そして、自分の子供も親を尊敬できないでしょう。

こんな人を騙すような奴が親なんて・・・・。

こういうのは少なくなっていってほしいですね。

モウリーニョがとうとうマンU監督に就任!どうなるマタ?

とうとう決まりましたね。
モウリーニョのマンチェスターユナイテッド就任!!

モウリーニョ

正直ユナイテッドにとってはファンハールよりは確実に勝てる監督になった気はするけど、今がひどかったから待望という表現もあるかもしれないよなぁ・・・・と、個人的には思う。

ファーガソンから直に・・・・となると、やっぱりモウリーニョって想像できないしね。

でもファンハールはひどかったから監督の交代は良かったよね。

モイーズから交代する監督候補の中で一番嫌だったのがファンハールで、本当にそうなっちゃったもんだからな・・・。

モイーズになってユナイテッドがどうなるのか?ちょっぴり楽しみです。

好きな監督ではないので、そんなでもないか><

第一、モウリーニョが来たらマタはどうなる??

チェルシーで戦力外扱いされてユナイテッドに来たのに、今度はその時の監督がユナイテッドに来ちゃうなんて・・・。

マタにとってはファンハールの方がマシでしょうね。

まぁ、もう少し様子を見てみましょう^^

ガンバ大阪対浦和レッズのチャンピオンシップ準決勝は劇的ドラマ!

11月28日に行われましたリーグチャンピオンシップ(CS)準決勝は年間順位2位の浦和レッズ対年間順位3位のガンバ大阪との一戦でした。
私自身は浦和レッズのファンということで浦和レッズを応援していたのですが・・・・
まさかまさか・・・・・・の大どんでん返しの劇的弾となる2点目がガンバ大阪に入って勝負が決しました><

ガンバ対浦和

1失点目の那須の不用意な縦パスも私の中ではちょっとうーむ・・・というところでしたが、2失点目はなんといってもガンバ大阪のキーパー東口のナイス判断によって生まれましたよね・・・。

そもそもその前にあった武藤のどんぴしゃのヘディングを止められた時にちょっとやばいな・・・・・と思ってたんですよね・・・。

武藤の惜しいヘッド

この劇的と言われている2点目も東口の好判断によって生まれたシーンですからね。

あわやオウンゴールというところから速攻でのカウンターですからね。。

あーいうのうまいよなぁ~。

浦和はホームではありましたけど、こういう大事な一戦って結構よくポカりますからね・・・。

残念です。

ハイライト動画はこちらになります。

まぁ、私は悔しいのでもう見ないですが、浦和ファンじゃなければ劇的で素晴らしい試合だったと言えると思います(涙)

そういえばまた人種差別問題で浦和が窮地に立っていますね・・・。

ツイッターでは浦和のサポーターを名乗っているとの事ですが・・・・

正直悲しいですね。

浦和のサポーターを名乗ってこういうことをされるのも勿論嫌なんですけど、日本人はこういうことをしてほしくない。

カンボジア戦(11/17)のハイライト!OGと本田のヘッドだけでは・・・

昨日(11/17)はアジア杯2次予選、カンボジアとの一戦でした。
正直言ってさすがに大量得点取れるでしょう・・・・・そう思っていたのは私だけではないと思います・・・・・が!!
残念ながらそうはなりませんでした。

カンボジア戦1

結果的には2-0ということで勝ちはしましたが、決して楽勝という感じではありませんでした。
アウェーって言ったってねぇ・・・・。

前半の布陣としては
GKに西川(浦和)、DFは4バックで右から長友(インテル)、吉田(サウサンプトン)、槙野(浦和)、藤春(G大阪)、
中盤には山口(C大阪)、遠藤(湘南)のダブルボランチ、右MFに原口(ヘルタ)、トップ下に香川(ドルトムント)、左MFに宇佐美、
FWは1トップで岡崎(レスター)という布陣でした。

今回長谷部が先発から外れたので岡崎がキャプテンマークをつけました。

相手はFIFAランク183位、グループでも最下位に位置しているカンボジアです。

前半だけでも3点は欲しいところです。

藤春のシュートがゴールポストに当たる惜しいシーンもありましたがまさかの0-0。

そもそも引いて守る相手にボランチ二人が守備を得意としている山口と遠藤・・・・という采配かどう考えてもダメですよね。
後半は柏木が入って前線にパスが通るようになりましたけど、単なるハリルの学習の場だったのかなぁ・・・という試合でした。

結局今のところ本田頼りな感じになっちゃうんですね・・・。

年内の代表戦はこれで終了ですが、次につながってほしいですね・・・。

カンボジア戦2
※みんな満足してません。

カンボジア戦のハイライト動画はこちらになります。

香川もヘッドでゴール!第12節BVB対シャルケの3-2ハイライト動画

香川がやりました!!
11/8のブンデスリーガ第12節 ドルトムント対シャルケの1戦(レヴィアダービー)で3-2でシャルケを下すとともに、香川自身も先制のヘッドを決める活躍でした。
右サイドのギンターの折り返しから丁寧にヘッドでゴールにたたきこみましたね^^

BVB対シャルケの1戦

香川もギンターも素晴らしいです。

これ以上首位のバイエルンに離されるわけにはいきませんし、接戦とはなりましたが、勝ちきれた事が大きいと思います。

ハイライト動画

ドルトムントは1点目が30分に決めた香川、43分に決めたギンター、47分に決めたオーバメヤンで、
シャルケは33分、71分ともにフンテラールが決めています。

フンテラールは悔しそうでしたね・・・。

それにしても・・・

評価は記者によってだいぶ変わりますね^^
ビルト紙では香川は1.0でしたがルール・ナハリヒテンでは3.0ですもんね~

ちょっと違い過ぎじゃあ・・・・

柏DF鈴木大輔にスペイン1部Rバリェカノからオファーか!?

サッカーのスペイン1部リーグ、ラヨ・バリェカノがJ1柏レイソルのセンターバック鈴木大輔にオファーを出している、という情報が出ていて、スペインのラジオ局カデナ・セールが伝えました。

鈴木大輔

それによると、Rバリェカノは今季の残りと2年の契約を提示していて、移籍が近いという。
Rバリェカノと言うと、先日ポルトガル1部リーグのスポルティング・リスボンに所属の田中順也の獲得も目指しているとニュースが出たばかりです。

まぁ、噂はどこもいろいろあるのでなんとも言えないですけど、Jリーグの選手は海外的にはそんなに目だたないと思うので、噂が出るだけでもすごいですね。

やっぱりAFCに出てる影響もあるんでしょうかね??

Rバリェカノと言うと現在12位と中位にはつけていますが、あまりなじみないチームですよね^^

ただ、Rバリェカノのゲーラは得点ランク2位タイにつけていますし、弱いチームではないです。
去年も11位でしたしね^^
(リーガは20チームです)

もし移籍したらやっぱりすごいです^^

日本代表でもたまに呼ばれますが、今まで以上に呼ばれるようになるんでしょうね^^

日本人はドイツでは活躍できてもスペインではなかなか難しい傾向にあるので、ここらで一発成功してくれれればうれしいです^^

センターバックなのでゴールシーンはそれほど多いわけじゃないですが、そこそこごっつぁん系は決めてます^^

本田圭佑がミランを退団!クラブと合意し、ミハイロビッチ監督も容認

イタリア・セリエAのACミランに所属する本田圭佑が、契約を1年残して今季終了後に退団することでクラブ側と合意したと、イタリアメディアが報じました。
とうとうこの日が来たか・・・・という思いもあったり、やっとかよ!という思いもあったり、複雑な気持ちですが、すぐの冬の退団じゃなくて今季終了後・・・というところがポイントになりそうですね。

本田圭佑

思えば2013年末にCSKAモスクワをフリーで退団し、ACミランに戦いの場を移した訳ですが・・・・

一時的に良かった時期もあったけれど、成功したとは言えないかな・・・・・って感じですよね。

正直もう少し活躍してほしかったなぁ・・・というのが本当のところです。

もし、本田が背番号を10番にしなかったらもう少し成功していたような気もしますが・・・・。

本田は良い時は良いんですけど、1年を継続して良いプレイを続けられない・・・というのがちょっとネックですよね。

一人でどうこうするような選手でも無いので周りからの信頼も無いと難しいですし、ACミランというビッグクラブでは難しかったのかなぁ~という感じです。

そして今季終了までの本田・・・。

ミランの中でも「もういなくなる奴」・・・。

そんな目で見られながらプレイするわけです。

今以上のパフォーマンスが出るわけもありません。

更に価値が下がるから本当だったらミランはすぐにでも売りに出すべきでしたね・・・。

本田の移籍先はどこになるか?

Jリーグでは無いでしょうね^^

プレミアで一部噂が出てましたが、これからどんどんいろんなチームの名前が出るんでしょうね^^

では今までの本田のプレイを見てみましょう

ミランでのゴール集動画になります

CSKAモスクワ時代の本田の動画はこちら

VVV(フェンロ)時代の本田の動画

個人的にはこのトーヨータイヤのCMが・・・・^^

玉野光南サッカー部の『土居晃貴』の劇的ゴールが海外で話題、絶賛!

第94回全国高校サッカー選手権岡山県予選決勝が10月31日に行われ、玉野光南は選手権予選決勝で、県内のライバル校で、サッカーでも有名な作陽高と玉野光南高が激突しました。
そこであったあるゴールが海外から絶賛されています。

土居晃貴

それは、のFW土居晃貴(3年)が延長後半アディショナルタイムに奪ったスーパーゴールです。

それがこちらです。

この前に1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイムにFW片山知紀が鮮やかな左足ボレーを決めて延長戦に持ち込んでいるんですが、これも結構良いゴールです。

こちらの動画を見ると両方見れます。

ほんと、ワールドクラスのゴールですよね^^

でもこれが海外の目に留まる・・・・っていうのがすごいです。

いったいどうやって・・・・・

確かに流れるようなプレー

胸トラップから右足で浮かして相手をかわし、その後の倒れこみながらのボレーでキーパーの頭上を抜く完璧なゴールではありました。

あの動画がyoutubeにアップされてそれが目に留まったんですかね・・・・。

でも、これをきっかけに世界に羽ばたいていってほしいな・・・・なんて思っちゃいますよね。

清武弘嗣が11/1ハンブルガーSV戦で1ゴール1アシスト【動画】

ドイツ・ブンデスリーガ第11節のハンブルガーSV対ハノーファーの試合が現地時間11/1(日本時間11/2)に行われました。
ハンブルガーSVにかなり攻め込まれていて、押され気味でしたが、チャンスをしっかりものにしたハノーファーが先制された後に2点を決め逆転に成功して勝ちました。

ハンブルガー戦の清武のPK

清武はその中で1得点(PK)1アシストとまずまずの結果を出しました。

その時の動画はこちらです。

PKを取った時は酒井宏樹からのパスが起点となって取得したものです。

それにしても前半はかなり攻め込まれました^^
運もあったしキーパーの好セーブもあり、なんとか1失点で凌げたのが大きかったですね。

決勝点は清武の左足のクロスにサリフ・サネがヘディングで合わせて取ったわけですが、これでもまだ14位と非常に危険な位置にいます。

今後も清武にはもっともっと点を取って、チャンスメイクもしてほしいですね^^